2012年01月30日

「よみがえりのレシピ」という映画




昨日、平田のタウンセンターで見てきた映画です



昔から作られてきた「在来作物」は、継承されるべく


「生きた文化財」であるということ・・ただ、大量生産、大量消費に


適応できずに、忘れられてきている、ということ・・

種(たね)を途絶えさせないように、頑張る年配の農家の方達の姿とか、


在来作物を使い、素材の味を生かす料理をしている、

アル・ケッチャーノの、奥田シェフのこだわりの話とか、


カブ、ごぼう、雪菜、カラトリイモ他、などなど、「地域の在来作物の宝物」を見直し、継承していこう・・


そんな内容かな


何気なく食べてる野菜は、思いもよらぬ手間がかかってたり、


あらためて考えさせられる映画でしたよ・・(文章表現へたですが)(;^_^A


映画の監督は、鶴岡出身の方でしたよー



(たまに真面目な話しでした・・)



この記事へのコメント
えるさん、まじめ~~な映画観てきたんだね・・。
私も昨日観たよ・・・。真面目じゃないけどさ~・・。
映画もっと色々観たいけど、こっちでやらなかったり・・・。
たまに静かな~のが観たいかな~・・。
あ・・柄にもないってがー(笑)
Posted by ミント at 2012年01月30日 19:06
ミントさんへ☆
おばんです〜
招待券を1枚、旦那がもらってたので一緒に行ってあげたよ(笑)
でも、内容はすごく大事なことでしたー、たまにこんな映画もいいよ
ミントさんも映画を?何を見たのかなー、気になるなー
たまにゆっくり映画観賞もいいよのー(^-^)
Posted by える☆ at 2012年01月30日 22:02
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。